2005年07月07日

オーガニックコットンTシャツ

今年は万博も行われ、様々な環境問題をテーマとしたイベントも多く行われている。
環境問題への意識が、世界的に盛り上がってきている。

97年に行われたCOP3(気候変動枠組条約第3回締約国会議)で、京都議定書が採択された。
国も2008年から始まる第1期約束期間(5年間)に向け、国民意識向上を目指して色々と頑張っている

そしてTシャツボディにも環境を意識した商品がいくつかある。
とうもろこし繊維再生PET素材などを利用したTシャツがある。
そして中でも特にオーガニックコットンTシャツはその代名詞だ。

まずオーガニックコットン(有機栽培綿)とは、何か。

日本オーガニックコットン協会のHPには・・・

「3年間農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で、農薬や化学肥料を使わないで生産された綿花のこと。栽培に使われる農薬・肥料については厳格な基準が設けられており、認証機関が実地検査を行っている。オーガニック・コットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て、最終製品となる。この製造全工程を通じて、化学薬品による環境負荷を最小限に減らして製造したものを、オーガニック・コットン製品という。」
とある。

要約すると、コットン自体も化学肥料を使わず生産し、製造工程でも環境に良くない薬品を使用したり材料を無駄にしないといったコンセプトの商品ということ。
とにかくこだわってるんです。^^

そんなこだわりの素材を使ったTシャツを2つほど紹介すると、国内メーカーで定番といえば、やはりこの分野の先駆者でもある久米繊維工業さんのオーガニックコットンTシャツ
非常にしっかりした作りで、着心地も良くて、まさにオーガニックコットンTシャツの王様!
砂浜美術館やT-SHIRTS FOR NPO等でも愛用されている。

そして手染メ屋さんの「オガT」。
店長が素材選びからこだわりぬいた商品だけあって、実際に私も着ているがすごく気持ちいい!
本来天然染料を使って染めの商品を販売したり、染め教室なども行われている。
すごくオシャレなお店で必見!
元々は天然染料+有機栽培綿ということでオーガニックコットンに行き着いたとのこと。

今回紹介した「オーガニックコットンTシャツ」はどちらも最高の商品
もし皆さんも気になるようでしたら是非試してみてください!^^

環境問題は小さなアクションからコツコツと!
当社でも引き続き環境を意識したサービスに真剣に取り組んでいきたいと思います!
今後もそういった情報もどんどん紹介できればと思っています!

ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー
<スタッフ@>
オリジナルTシャツ製作、プリント・デザイン作成についての総合情報サイト【Tシャツ制作ファクトリー】
オリジナルウェア・アイテム製作全般、総合加工サービスの【Garakutas Custom Wear Service】
posted by ガラクタス at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Tシャツボディ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24889630

この記事へのトラックバック
ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー
オリジナルTシャツの「Tシャツ制作ファクトリー
無地Tシャツ無地ウェアの「Tシャツ.CO.JP®
オリジナルウェアの「Garakutas Custom Wear Service