2007年02月06日

Tシャツデザインについて

Tシャツプリントをするにもまずはデザインが必要になります。
デザインは通常、「イラストレーター」や「フォトショップ」など専門のソフトを使用する場合が多いのですが、最近ではご自分で手描きで書かれるイラストもかなりレベルアップしてきた気がします。

特に学生さんでクラスTシャツサークルウェアなどを作成される方でも、郵送などで手描きイラストを送ってくれるのですが、すぐにでも売り物になりそうな逸品を送ってくれます。
音楽やファッションやアート、パソコンやネットなどの発達で、一昔前よりデザインが身近になってきたんだなと感じます。
結婚式などで流されるムービーなんかも素人なのにすごく凝ったものを作成している方もいますからね。。。

さて、本題に戻りますが、今日は初心者の方でも簡単にTシャツデザインやイラストを作れるポイントをいくつか挙げたいと思います。

Tシャツデザインでは多くの場合「文字」「イラスト」「配色」のバランスが大切です。
自分の作りたいテーマにそった書体とイラスト、そして色合いが揃うことでいい感じのTシャツが作れます。

まずテーマが決まったらそのテーマでよく使われている書体やイラストのモチーフを探して参考にしてみましょう。
Tシャツの場合、色はコストに直結するので配色は重要です。
最初はなるべく少ない色で表現してみるのがコツです。
そしてTシャツの生地の色をうまく利用することもポイントのひとつです。

できたイラストをTシャツに配置する時もバランスが大切です。
「左胸+背中央」、「胸中央+背上」、「左袖+胸中央」などなど、バリエーションは自由です。
簡単にTシャツの絵を書いて、それに適当にイラストを描いてみるとイメージしやすいと思います。
また、それに色を付けてみるとよりイメージがわくと思います。

と、こんな感じですが、最近はデジカメや携帯のカメラもあるので友達同士で意見交換も簡単ですね。
プリント業者に依頼する時も手描きイラストでも色々イメージを伝える方法が考えられますので、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

しかし今年は暖冬だからか、冬でもTシャツの依頼が多いです。

ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー
<スタッフ@>
オリジナルTシャツプリント、Tシャツ作成は「Tシャツ制作ファクトリー」
サークル・クラスウェアなど、オリジナルの総合ウェア製作は「Garakutas Custom Wear Service」
posted by ガラクタス at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・自作・DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24889784

この記事へのトラックバック
ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー
オリジナルTシャツの「Tシャツ制作ファクトリー
無地Tシャツ無地ウェアの「Tシャツ.CO.JP®
オリジナルウェアの「Garakutas Custom Wear Service